ネットがあればいつでもどこでも利用可能!ベラジョンカジノを利用するならこちら!

バカラ ルール

バカラは、自分とディーラーとの闘いではなく、「BANKER(バンカー)」と「PLAYER(プレーヤー)」と呼ばれる仮想の2人が勝負を行いそのどちらが勝つかを予想して、賭けるゲームなのです。
引き分け(タイ)があるので、約2分の1の確率の半か丁かと同じでは、ないです。

バカラのルールをざっくりと説明すると、カードの合計(2~3枚)の下一桁が9に近い方が勝ちとなるゲームです。
ブラックジャックにも似てるかもしれませんね。

バカラの基本情報

◇カードの配り方は既定のルールに従って、ディーラーが行います。
◇「BANKER(バンカー)」「PLAYER(プレーヤー)」双方共に配られるカードは最大3枚までです。
◇カードの合計の下一桁が9に近い方が勝ちとなる(9が一番強い)。
◇勝つと予想する方か引き分け(タイ)にプレイヤーは、ベットする。
◇BANKERにベットして勝利した場合のみ、ハウスエッジが徴収される(基本5%)。


こんなに単純なゲームでありながら奥が深く、人気が衰えないゲームです。
とりあえずこれだけ覚えれば、バカラをプレイする事ができます。


ディーラーの役割

ディーラーが「BANKER」と「PLAYER」にカードが配られることでゲームが進行します。
カードの配り方には、バカラ特有の『ルール』があるため、ディーラーが自らの意思でカードを
配ったり、配らないという選択が出来ないようになっています。


つまり、ディーラーは、ルール通り配るだけで、誰が行っても、勝敗には、全く関係ありません。
もちろんゲームに参加しているあなたや他のプレイヤー(客)もディーラーがテキパキとカードを配るのを見ているだけで、
カードに触れることは、ありません。

※ミニバカラよりも大きなテーブルの本家バカラでは、絞り(スクイーズ)といって客がカードに触れるルールもあります。
(触れるからといって勝敗には全く影響しません。)

バカラのカードの数え方

バカラにおけるカードの数え方は基本的にブラックジャックと一緒です。

普通の数字カード(2から9まで)は数字通り。
10および絵札(J、Q、K)は「0」とカウントします。
Aは「1」とカウントします。

※バカラではBANKER、PLAYERそれぞれのカードの合計の下一桁の数字しか関係ないので、ブラックジャック同様に絵札を
「10」とカウントしても差し支えありません。
「A」も同様で、「1」「11」どちらでもかまいません。


バカラの用語


ヒット(Hit)
カードを引くこと。

スタンド、ステイ(Stand、Stay)
カードを引かないこと。

ピクチャー
絵柄カード(J、Q、K)のこと。

ナチュラル
PLAYER、BANKERとも初めの2枚の合計が「8」か「9」のことを
ナチュラル8、ナチュラル9と呼ぶ。

デッキ数(Deck)
52枚のトランプを1Deckとして、いくつのDeckで行われるかを示す。
通常は8Deckでゲームが行われます。

ハウスエッジ(コミッション)
あなたがBANKERに賭けて勝った場合、配当の5%をカジノに徴収される仕組みです。

 

バカラのルールが分かったら方からコチラへ

ネットがあればいつでもどこでも利用可能!ベラジョンカジノを利用するならこちら!

 

管理人:ひろむ

株とFXをしていましたが、仮想通貨の波には乗り遅れました。 次はオンラインカジノの波が来ています!
億り人になるチャンスがそこにあります。 しっかりと準備して、オンカジの波に乗りましょう!

 

© 2018 オンラインカジノ rss